埼玉県川口市/サイディングシーリング撤去打ち替え

雨漏り調査・診断、雨漏り修理、屋根防水、屋根塗装、外壁防水塗装、シーリング工事、外壁補修工事、屋上防水の『雨漏り防水工事.comさいたま店』(東京・埼玉)

埼玉県川口市の雨漏り修理/サイディングシール撤去打ち替えです。
こちらの建物はサイディング目地のシーリング、サッシ廻りのシーリングが経年劣化の影響でサイディング版から剥がれてしましい、隙間ができていました。

以前雨漏り修理を行こなった形跡もありましたが、雨漏りが止まらなかったそうです。今回、数社から工事見積もりをとったらしいのですが、雨漏りの原因がはっきりしなかったことで、雨漏りを止められるかどうかもわからない、工事金額が高かった、とのことで、業者を選別することができなかったそうです。

雨漏りの原因として一般的に考えられる原因は、シーリングの経年劣化による切れ、剥がれです。通常、雨漏りがしている箇所から上を攻めていきますが、3階建ての場合、足場が必要になってしまします。

画像の説明

足場を設置すると、結構な金額がかかります。それだけではなく、足場を設置するために道路使用許可書を川口警察署に提出しなければならないことと交通誘導員が必要になるので、足場工事の金額が膨らんでしまします。

・・・というわけで、今回は足場を設置しないで、梯子を使用してできるだけ手を伸ばて工事をするプランをご提案させていただきました。梯子で既存シーリング材を撤去してから新たにシーリングをする工事です。

画像の説明

写真のようにカッターを使用して、既存シーリング材を切り取り、撤去していくわけですが、梯子の上で両手を離すことは危険なので、片手で梯子につかまり、片手でカッターを使用します。
シーリングの撤去後は、清掃、テーピング、プライマー塗布、そしてシーリング材を充填します。

画像の説明

梯子を使用した施工の場合、横移動をしていくわけですが、とにかく狭い場所で梯子の移動は大変な作業です。今回は狭いベランダ内での移動作業なので、梯子を設置して頻繁に移動させることができません。

梯子を設置したら、手が届く範囲内のシーリングを撤去、清掃、テーピング、プライマー塗布、シーリングの充填、ヘラ仕上げ、テープの除去、清掃、この全てを完了させて、梯子の移動、設置、この繰り返しを続けていきます。

画像の説明

この日は2人で狭いベランダで施工をしていますので、テープを除去する前に梯子を移動、設置して、シーリングを撤去したりしていました。

画像の説明

テープを除去して清掃をするとこんな感じで仕上がります。
道路から建物を見ると、数量的には少ないのですが、梯子を使用しての施工は時間がかかるものです。

こちらの建物にはシーリングの経年劣化以外にも原因がありました。こちらのサッシは水切があるタイプなのですが、水切のシーリングがしてありませんでした。
この部分です。水切をビスで止めているのですが、シーリングがありません。

画像の説明

シーリングがしていなかっただけではなく、この部分に隙間があります。
ヘラがこれだけ奥へ入ってしまうのは、NGです。ヘラが入るということは、雨水も中に入ってしまいます。

画像の説明

恐らく新築当時からこの状態だったとおもいます。どう見てもシーリング材が経年劣化で風化してしまったようには見えませんでした。やはり、新築からシーリングがしてなかったのだと思います。

テーピング、プライマーを塗布、シーリングの充填、ヘラ仕上げをしてテープの除去をします。

画像の説明

新築時から存在する雨漏り危険箇所雨漏りがしなければ、そのまま時間が経過するだけかもしれません。
雨漏りの原因の一つに新築当時から人知れず存在する雨漏り危険箇所がありますが、雨漏りの危険性があっても何十年も雨漏りがしていない、ということもあります。

または雨水が侵入していても、室内に雨漏りという形で出てこないで、人知れず外部に排出されている、ということもあるかもしれません。

建物の定期的な点検、シーリングの打ち替え、外壁塗装をすれば、このような新築から存在する雨漏り危険箇所を見つけることができると信じたいのですが、しかし、これも人がやることなので、誰がやるか、が運命の分かれ道になってしまっているような気がします。
(2020.5.24/職人社長の安藤)

職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリック!

お問合せはこちら

お急ぎの方は、職人社長安藤の携帯 090-1814-7992へどうぞ!

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り・防水工事.comさいたま店』、クリエイトコスモ株式会社