改修用ドレン取付(アスファルト防水編)

埼玉県和光市のマンションの屋上アスファルト防水の雨漏り修理では、改修用ドレンを取り付けました。その時の工事の手順をご紹介いたします。ドレン付近の状態を点検すると、アスファルト防水に亀裂があって、雨水を含んでいました。

アスファルト防水はアスファルトルーフィングを貼り合わせています。そのため、アスファルトルーフィングとアスファルトルーフィングの貼り合わせ部分が弱点になってしまうことがあります。旧防水層と重ね合わせて施工をする時は、特に気をつけたいところです。

画像の説明

ドレン付近のアスファルト防水に亀裂があります。亀裂が目視で確認できる場合は、雨漏りの原因になっていることが多いようです。亀裂の部分がまだ濡れているのは、亀裂部分が雨水の入口、出口になっているので、亀裂部分から水分を放出しているからです。

画像の説明

やはりこのような箇所は経年劣化で亀裂が入ることが多いようです。アスファルト防水にカッターを入れてアルファるとルーフィングを撤去をすると、雨水が入り込んでいました。

撤去をする時は、カワスキやスクレーパーを使用してアスファルト防水を撤去します。

既存のアスファルト防水を撤去してから、暫く乾燥をさせて水分はできる限り蒸発させます。写真のようにハンドトーチを使用して、強制的に乾燥させる方法もあります。状況により判断します。

画像の説明

次は、切り取ったアスファルト防水シートの端末部をハンドトーチを使用して炙って、端末部分を潰す作業です。

画像の説明

ハンドトーチはとても便利です。このようにしてアスファルト防水の端末を炙ります。炙るとアスファルトが熱で溶け出します。

画像の説明

アスファルト防水の端末部を炙ったら、すぐにカワスキで押さえつけ下地に接着させます。熱い時にカワスキで押さえつけなければならないので、高温でアスファルトが溶けている時に下地にに接着します。

画像の説明

アスファルト防水の端末部はこの様に斜めに仕上げておきます。

画像の説明

改修用ドレンの取付けとエポキシ系防水下地処理剤の塗布、シーリングをします。

画像の説明

既存アスファルト防水と既存アスファルト防水のジョイント部分と改修用ドレンとアスファルト防水のジョイント部分にメッシュを貼り付けて補強をします。

画像の説明

メッシュの上にウレタン防水立上り材を塗布します。ウレタン防水の1回目の塗布です。

翌日の工程は、ウレタン防水立ち上がり材で2回目のウレタン防水材を塗布。立ち上がり材を使用するのは、防水材の厚みを確保したいからです。アスファルト防水は強烈な動きをするので、上品に仕上げるのではなく、厚みを確保しなければなりません。

アスファルト防水の動きは強烈です。経年劣化したアスファルト防水は、自身の強烈な動きによって表面に亀裂が入ります。この繰り返しが何年もあることで引っ張られるので、亀裂が更に大きくなってしまいます。この繰り返しで、亀裂から雨水が侵入して雨漏り、というわけです。

画像の説明

雨漏りだけ止めたい、工事費にあまりお金をかけることができない時もあると思います。

そんな時はご相談ください。いくつかの工事プランをご提案いたします。
(2020.7.24/ 職人社長の安藤)

職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリック!

お問合せはこちらへ

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り・防水工事.comさいたま店』、クリエイトコスモ株式会社